臨機応変がNGワードなタイプへの指示の仕方

こんばんは。

良い人生だったと思えるあなたの生き方を応援する
生き方磨きアドバイザー
福原生恵です。

 

お客様の対応方法の研修も気学でお受けしていますが、

その中でも上司のかたから多いご要望が

「社員が、臨機応変に対応できないので、お客様から変更を依頼されたら、臨機応変に対応してほしいんです」という声。

お客様の状況も刻一刻と変化をするので、

昨日言ったことと今日の要望が変わってしまうなんて事

ありますよね。

 

これに対応してくれる人のタイプがあるってしっていましたか??

 

この臨機応変の対応が抜群なのが、

四緑木星。

それも、対社外がものすごくうまい!!

 

が!しかし!!

この対応を自分では致しません。

四緑木星の九星を持っていると社内の方は、ものすごく大変。

だって、外での気遣いは200%近いので、

家や社内がくつろぎの場であり、対応してもらう期間。

 

生まれた年(本命星)に持っている人でこのような方は、

自分らしく生きているので、

周りは、それを覚悟して対応したいのです。

傾斜にもっている方の場合は、自分でそうなっている事に気づいていない方もいるので

それをイライラ周りでしても仕方ないと覚えておきましょう。

 

そして本題。

 

臨機応変を言ってはダメな星はというと、六白金星。

 

傾斜にこの六白金星を持っている方は、自分では気づかず

臨機応変を相手から求められて腹をたてているかもしれません。

 

こういう方の場合は、

臨機応変にしてと言わずに、「予定変更してください」と言いましょう。

臨機応変って察知する事。

 

察知をして間違えたくないから、

察知をするのが嫌いなタイプがいることをお忘れなく~♡

 

明日もツヤのます1日を。

********************
ZOOM 6月ビジネス運気講座のご案内
日時 6/11(月) 6/16(土) いずれも20:00~22:00
参加費 5,000円⇒メルマガ読者先行2,000円

お申し込みは こちら

 

********************