エクスタシーを求める女と紙切れに拘る男

今朝は土曜なのに早いねと言われる朝です。
NYに着いた娘から「スーツケースの紐何処に入っていたっけ?」「あ、着いたのね」なんていう夢で起こされました。
昨夜からまた1人NY敢行の小娘。
私はこう見えてひとり旅を未だした事が無く、内心心配は尽きない。
私「ねえ、一緒に空港まで送って行った方が良かったんじゃない?」
父親「大丈夫だろう~」(ラピュタ見てる)
私「ちょっと、話聞いてるの?心配じゃないの?」
父親「20歳を過ぎたんだから大丈夫だよ、おまえオカシイんじゃん??」
私「??私がオカシイ??」怒り( ̄Д ̄)ノ
私の心配はおさまらず、娘にLineをしたら
「大丈夫、お父さんからお小遣いももらったよ~♡」との返事、、
「え?何? お小遣いをやっていたのか、おまえは??」と父親をチラ見。
その上、空港着いた頃には「もう、空港着いた頃なんじゃない?」と私にまたLineで確認させる父親。
無事空港に着いたが分かったら、またラピュタを真剣に見てる。
昔の私なら、此処からテレビを消して大バトル!!!
「ちょっと、娘が可愛く無いの??何で送らないの??」
なんて、自分が送ってもらえなかった遠い昔の記憶まで引っ張りだして怒っていたと思います。

でもね、愛情表現は、星の数ほど違うのよ。
私は、その時の感情を受け取って欲しい、モノよりエクスタシータイプの九紫火星。
彼は、黙っていてもやる事はやる、カタチに残したいタイプの二黒土星。
結婚前はクリスマスにはホテルでディナーとプレゼントは◯◯なんて言うバブル期だもの、それは嬉しかったけれど
いざ結婚したら言葉少ないし言葉に愛情が感じられず紙切れを何度渡した事か。。
カタチに拘る男なので紙切れを出さない事が愛情表現。
なんて、話はずれましたが、このぐらい愛情表現って違うのです。
これを社会運勢学である気学を学び習得してからは、ずいぶんと変わってきた様に思います。
私が子どもを愛する気持ち
だんなが子どもを愛する気持ち
どちらがスゴイ訳でも無く、カタチが違うだけなのです。
あの人とは価値観が違うからと言う理由で相手と離れてしまう方々が多いこの時代だからこそ、
個性を大切にする今だからこそ知っておきたい生き方の知恵かもしれませんね~♡
大きく分けると3タイプで分ける事もできます。
さて、貴方とパートナー愛情表現は、どれかな?
①愛は言葉に表す

顔見れば「好きだよ~」「◯◯ちゃんが最高!」と言ってくる
②愛はカタチに表す

口数は少なく、黙って急にダイヤモンドの指輪を渡す。

レストランのディナー予約してくれる
③愛を確かめ合う

「ねえ、私の事好き?」「俺のことどう思う」

さて、今日から、2時間講座を聞いていられない人のための飲み会気学をしますよ~。